Map: 神奈川県横浜市神奈川区台町10-27 コートハイム横浜703

Open: 10:00-12:00  14:00~18:00​ 

            月木定休日  *祝日営業

Tel: 045-595-9697

    整体?接骨院?マッサージ?鍼灸?病院?選び方①


    皆様こんにちは。

    いつもブログのご愛読ありがとうございます!

    岡田です😄



    今日は身体の痛み、不調に困った時にどうすればいいか?


    皆様にご紹介します。



    ”どこに行けばいいですか?”



    この質問

    シンプルですが、かなり難しい。


    身体のことを理解している僕でも難しい。。。


    当院にはお医者さんも来られますが、お医者さんでも判断が難しい。。。


    まず、これが現実です。



    それぐらい、レベルの差、というか。

    専門性も含めて、かなり違います。



    今回は①ということでそれぞれの違いについて、ご説明します。



    No1. 病院(整形外科、内科etc...)


    資格......医師(国家資格)


    メリット

    ・各種画像検査、精密検査ができる

    ・保険診療なので、負担金は安い(自費治療は除く)

    ・専門性が高い


    デメリット

    ・細かい症状、自覚症状に対応できないケースが多い

    ・全体としてみれない

    ・ストレス、気のせいで片付けられてしまうケース


    医師は現代西洋医学を学んでいます。部分として切り離して診るのが当たり前です。

    重病の発見など重い病気の検査は得意です。

    しかし、身体の繋がりから考える、細かい軽い症状は苦手分野です。

    例えば、ヘルニアなのが股関節、仙腸関節が原因など。




    No2. 接骨院、整骨院


    資格......柔道整復師(国家資格)


    メリット

    ・急性期のケガ、外傷に対応できる

    ・保険診療なので、負担金は安い(自費治療は除く)


    デメリット

    ・内科疾患、免疫、自律神経系に対応できない

    ・慢性症状は苦手なケースが多い


    柔道整復師は脱臼や捻挫の処置が得意です。

    しかし、実際には急性の骨折など整形外科に行くことが多いので

    臨床経験が少ないとこも多い。




    No.3 鍼灸院


    資格......鍼灸師(国家資格)


    メリット

    ・自律神経など、免疫系にもアプローチできる為、ほぼ全ての疾患に効く

    ・自然治癒力で治すため、身体への害がほぼない


    デメリット

    ・西洋医学を知らなすぎて、気の流れなどしかわからないケースも

    ・考え方が先生によってかなり異なる


    鍼灸の東洋医学では身体を1つの宇宙として考える為、全身の繋がりで考える

    西洋医学で効かないものにメカニズムは不思議だが何故か効いたり、最後の砦になることも多い。

    鍼灸師でも、東洋医学を重んじる、西洋医学を重んじる、などタイプによってかなり別れますので、合う先生を探すのが難しいかもしれません。




    No.4 整体(カイロプラクティック、オステオパシーetc...)


    資格......国家資格なし(各団体の民間資格保持者が多い)


    メリット

    ・それぞれのメソッドを突き詰めてることが多いので、合う症状にはよく効く

    ・気楽に行きやすい


    デメリット

    ・治療でなく、マッサージのところも多い

    ・先生によって、考え方がかなり違うので、レベルの差が激しい


    整体という言葉自体が曖昧なものなので、慰安のマッサージから本当の治療まで差も激しく、選ぶのが難しい。

    固定した概念の元に施術をすることが多いので、反対に傷めてしまうこともある。

    その人の身体、今の状態に合う施術だとよく効くことが多い。

    整体の場合は行く前に、治療のとこか?リラクゼーションのとこか?電話で確認するといいでしょう。




    No.5 マッサージ(指圧、オイルetc...)


    資格......国家資格なし(海外のオイルの資格も多い)


    メリット

    ・心身ともに疲れが取れる

    ・気楽に行きやすい

    ・寝ながら受けれる、寝れない人にいい


    デメリット

    ・解剖学などの知識が不足している事が多い

    ・痛みがある場合に悪化する事もある


    マッサージは人の手が長時間触れている事で、心身ともに疲れが取れる。

    しかし、感性が豊かな人は悪い気も受けるので、合う先生を見つけるのが大事です。




    簡単にまとめると以下のような使い分けをお勧めします。


    病院→重篤な病気が無いか確認

    接骨院→急性の怪我、事故など

    鍼灸院→慢性的症状、内科疾患、自律神経系、免疫など

    マッサージ→慰安、人の手に触れたい、寝たい時など

    整体→専門性が強いので、それぞれに特化した症状



    *傾向を表したもので、結局はここの病院、整体、鍼灸でも特色が違いますのでご注意ください。

    *結局は先生との相性が全てですので、合う先生に巡り合えるか?大事です。



    個人的には、お電話にて何の専門か?どのような考え方で、自分の身体を診てくれるのか?

    本当に大切なご自身のお身体を預ける場所。

    選ぶのも、ご自身の責任です。


    当院には、他にいっておかしくなったなどよく伺います。


    業界全体としてのレベルアップをしなければならないと日々感じております。。。



    どうすることが、よりよい世界になるのか。試行錯誤中です!!!


    さらに細かく、選び方をブログに載せますので、ご覧ください😊



    ご愛読有難うございました。岡田